公開日:2017年10月17日

今回は、五母音仮説エッセイの第3章をご紹介します。

******************************

3.五母音の不思議

英語と日本語の両方で、五母音にまつわる不思議な現象を挙げておきたい。これは、五母音が母音の基本であることの証拠にもなるからである。

 

3.1. アルファベット表

まず、英語のアルファベットの文字を順に、母音が左端に来るように並べてみる(これを「アルファベット表」と名付けることにする)。すると、きれいな形ができあがり、しかも、縦列と横列のアルファベットの文字に特徴が浮かび上がる。

(4)  アルファベット表注1

1 2 3 4 5 6
i A B C D
ii E F G H
iii I J K L M N
iv O P Q R S T
v U V W X Y Z

(4)において、偶然に並んだ1列~6列におけるアルファベットの文字と、i行~v行におけるアルファベットの文字の特徴を挙げる。

(5) a. 縦に並んだ文字の特徴

1列:母音

2列:Jを除き全て両唇音

3列:Wを除き全て軟口蓋音

4列:Dを除き全て母音から始まる文字

5列:Yを除き全て[e]から始まる文字

6列:Nを除き全て[i:]で終わる文字

b. 横に並んだ文字の特徴

i行:Aを除き全て上下対称

ii行:Eを除き全て3画で書ける

iii行:Jを除き全て直線で書ける

iv行:Tを除き全て曲線が入っている

v行:Zを除き全て左右対称

つまり、大雑把ではあるが、縦は音、横は形の視点から分類できるということが分かる。

 

3.2. 五母音字のパターン

英語の五母音字に着目すると、その特徴がまったく一致するものが存在しない、つまり、全てが全体的にはそれぞれに異なるユニークなものとなっている点が挙げられる。

(6) 五母音字パターン表

A E I O U
対称 上下対称 × ×
左右対称 ×

直線使用 ×
曲線使用 × × ×

注:○⇒該当する / ×⇒該当しない

 

3.3. 日本語の五母音と五行説

日本語の五母音に目を向ける。一説に、「あいうえお」は「木火土金水」に相当するとされる。

(7) 日本語の五母音と五行の対応

a. 木 = あ

b. 火 = い

c. 土 = う

d. 金  =  え

  1. 水 = お

生じる関係と剋する関係の母音を並べてみると、生じる関係では、平和でプラスイメージの大和言葉、剋する関係では、戦いにおける感情の高まりのイメージを持つ掛け声や呼びかけ表現が現れる。(  )内は単語例である。

(8) a. 生じる関係

・木生火⇒ あい(愛・相・会い・合い)

・火生土⇒ いう(友・有・優・言う・結う)

・土生金⇒ うえ(上・植え)

・金生水⇒ えお(世・代・与・誉)[えお→よ]

・水生木⇒ おあ(和・輪・話)[おあ→わ]

b. 剋する関係

・木剋土⇒ あう(戦いで攻められるときの擬音)

うあ(驚きとショックの声)

・土剋水⇒ うお(雄叫び)/ おう(力を入れて相手に答える声)

・水剋火⇒ おい(力を入れて相手に呼びかける声)

・火剋金⇒ いえ(相手に反発する声)

えい(相手に力を入れて攻撃する声)

・金剋木⇒ えあ(相手に対する攻撃を開始する声、「や~」)

—————————————————————————–

注1.
私は、(4)表を「元素の周期表」にちなみ、「言素の周期表」と命名している。

この記事の著者

englight
記事一覧