ものの始まりみな堺&世界遺産大仙古墳研修

●日時

2月9日(日) 9:00 阪堺線綾ノ町駅集合 

●会費

研究会正会員4,000円

一般5,000円

学生2,000円 (学生初回参加無料実費のみ)

別途

堺市博物館 映画&VR体験込み¥800

時間があれば、利晶の森¥500もしくは、伸庵¥300のどちらかで立礼お茶席体験

●行程

綾の町駅より出発→刃物製作所や香具店、鉄砲館、清学院、薫主堂、高須神社、土居川公園などを見学→千利休の生家跡見学→利晶の森→堺東駅→三国ヶ丘駅→大仙陵古墳→堺市博物館

●研修概要

研修サブ講師ふくちゅわんからのメッセージ

「ものの始まりみな堺」

 今、世界の人から注目されている堺包丁の町。その歴史を遡れば、鉄砲鍛冶や南蛮貿易で栄えた「自由都市堺」が垣間見えます。

 また、堺は財力を持った商人たちから生まれた茶道の原点の町でもあります。

 そして、昨年ついに百舌鳥古市古墳群が世界遺産に登録されました。

 今回の研修は、午前の部はエージェントから依頼の多い訪問先である刃物製作所や、堺伝統産業会館、利晶の森、千利休の生家跡を訪ねて、いつアサインされても良い様に十分に下見をしていただきたいと思います。

(合間に鉄砲関係の資料館にも立ち寄ります。)

 午後の部は石井先生の解説付きで大仙陵古墳を周り、堺市博物館で古墳についての映画を見て、最後に古墳時代にタイムスリップ出来るVR体験をしていただきたいと思います。

 

ご一緒に堺の伝統産業や茶道、そして古墳について学びを深めませんか?

石井先生担当大仙陵古墳研修概要

昨年(2019年)、7月6日に世界遺産に登録が決定された「百舌鳥・古市古墳群」の代表的古墳である大仙陵古墳(宮内庁は仁徳天皇陵としている)をめぐります。前方後円墳で、日本最大の古墳ですが、単なる墓以上の役割をしていた可能性があります。今回の研修では、大仙陵古墳を詳しく知ることで、古墳そのものの奥深さを学びます。

●講師石井隆之プロフィール

筑波大学大学院修了。近畿大学総合社会学部教授、京都女子大学・滋賀県立大学非常勤講師、通訳ガイド研究会会長、言語文化学会会長、一般社団法人高等教育国際基準協会代表理事。

専門分野は理論言語学、社会言語学、英語教育、商業英語、通訳ガイド技術、日本文化論、仏教学、宗教全般と幅広い。

英語業界の第一人者として、32年間延べ2万人以上に指導。これまでの講演は780本を超え、100冊以上を執筆、出版し、累計55万部突破。70編を超える学術論文も執筆。

主な著書として

『前置詞マスター教本』『英語の品格』『日本の宗教の知識と英語を身につける』『外国人が必ず聞いてくるニッポンの不思議88』などがある。

日本文化における深い知識や独特のユニークな考察、感動を取り込んだ分かりやすい講義や研修は、多くの受講生に定評がある。

●サポート講師紹介

全国通訳案内士 (英語)

SIG研究員 福本明子さん

いつも太陽のように明るくチャーミングな人柄で、お客様を楽しませる、ベテラン英語通訳案内士。またの名をふくちゅわん。

ディープ大阪ツアーからクルーズ船スルーツアー、スキーツアーetc…アクティブに全国を駆け回る、引き手あまたの人気通訳ガイドさんです!

●お申し込み方法

お申込みは下記リンク先通訳ガイド研究会ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは事務局メールアドレス

info@interpreterguide.net

、または、奥真理子LINE、Facebook メッセンジャー宛にお申し込み下さい。

このお知らせの著者

このお知らせの著者

通訳ガイド研究会
お知らせ一覧