2月16日・出町柳から行く☆わびさびの東山文化・銀閣寺ウォーキング研修
★研修概要
哲学の道から銀閣寺へのルートは有名ですが、今回は,出町柳から銀閣寺を目指して歩きます。実は,このルートに日本文化を理解するのに色々と勉強となるポイントが隠れています。

出町柳駅近くにある萩の寺としての異名を持つ常林寺、伊勢神宮に次ぐ賀茂社の神宮寺として機能した百万遍知恩寺(知恩院とは異なる)、そして、京都における藤原氏の氏神である吉田神社(奈良の春日大社は藤原氏の氏神として著名)、1916年より日本画家の橋本関雪が住んだ邸宅である白砂村荘(はくさそんそう),最後に、銀閣寺を巡ります。

 銀閣寺は、室町幕府8代将軍足利義政が開基です。夢窓疎石が開山とされていますが、夢窓疎石は当寺創建(1490年)より1世紀ほど前の人物(すなわち故人)です。このような開山を勧請開山と呼びます。銀閣寺では多くの日本文化の奥深さに触れましょう!

★集合時間と場所
2月17日(月)午前10時 
京阪電車出町柳駅改札口

★会費
研究会正会員4,000円
一般5,000円
学生2,000円 (学生初回参加無料実費のみ)
別途
今年度通訳案内士試験合格者は、合格通訳ガイド研究会公式LINE登録して頂き、合格おめでとうクーポン提示研修参加費無料。
お申込みの際に、合格の旨をお知らせ下さい。

★行程:出町柳~常林寺(萩の寺)~知恩寺~吉田神社~白砂村荘(説明のみ・中には入りません)~銀閣寺〜哲学の道〜法然院〜熊野若王子神社
午前10時出発~午後4時30分現地解散

●講師石井隆之プロフィール
筑波大学大学院修了。近畿大学総合社会学部教授、京都女子大学・滋賀県立大学非常勤講師、通訳ガイド研究会会長、言語文化学会会長、一般社団法人高等教育国際基準協会代表理事。
専門分野は理論言語学、社会言語学、英語教育、商業英語、通訳ガイド技術、日本文化論、仏教学、宗教全般と幅広い。
英語業界の第一人者として、32年間延べ2万人以上に指導。これまでの講演は780本を超え、100冊以上を執筆、出版し、累計55万部突破。70編を超える学術論文も執筆。
主な著書として
『前置詞マスター教本』『英語の品格』『日本の宗教の知識と英語を身につける』『外国人が必ず聞いてくるニッポンの不思議88』などがある。
日本文化における深い知識や独特のユニークな考察、感動を取り込んだ分かりやすい講義や研修は、多くの受講生に定評がある。

★お申し込み方法
お申込みは下記リンク先通訳ガイド研究会ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは事務局メールアドレス
info@interpreterguide.net
、または、奥真理子LINE、Facebook メッセンジャー宛にお申し込み下さい。

このお知らせの著者

このお知らせの著者

通訳ガイド研究会
お知らせ一覧