7月26日(日)午前の部:「仏教の伝播と日本化」

zoomと会場のハイブリッド開催です。ご希望の参加形態をお知らせ下さい。

開催日時:令和2年7月26日(日)
受付:9時15分~
講演:9時30分〜11時45分(途中10分休憩)
開催場所:亀戸文化センター第一会議室
東京都江東区亀戸2丁目19−1
亀戸駅北口から徒歩約1分
https://www.kcf.or.jp/kameido/access/

zoom参加の方は、後日URLをお送りします。

会費: 会場参加・zoom参加共通
正会員¥3,000一般¥4,000学生¥1000
※学生は初回参加無料
※正会員からの紹介参加で双方500円割引特典あり

概要:テーマ「仏教の伝播と日本化」
世界宗教の1つである仏教が、インドからどのように伝播していったのか、そして日本に入り、どの
ように日本化していったのかについて、わかりやすく、英語表現なども紹介しながら、お話しします

日本に伝わってからは、江戸時代直前までの日本仏教の流れをまとめたいと思っています。

7月26日(日)午後の部:東京まちあるき 浅草

東京でもっとも古いお寺、浅草寺。
その歴史は、漁師の兄弟が観音菩薩さまを隅田川からすくい上げた推古天皇の時代628年にさかのぼります。
鎌倉時代には武家政治の創始者となった源頼朝に信仰され、江戸時代は徳川家康の側近天海僧正の進言もあったとされ、あつい庇護を受けました。
この頃から庶民の信仰を集め、浅草寺周辺は、娯楽街として栄え一大観光地として発展していきました。そして昨年は、日本国内だけでなく世界各国から約3,000万人もの人びとが参拝に訪れています。
1,300年以上もの間、庶民、商人、武士、外国人にいたるまで人びとを魅了し続ける浅草。
東京まちあるき、シリーズ第3回目は観光地の王道、浅草の魅力に迫ります。

会費: 1567円のコロナ共生応援価格に変更させて頂きました!
学生は初回参加無料
正会員からの紹介参加で双方500円割引特典あり
メイン講師:東京支部長、Takaこと山本多賀子 ***英語と日本語を交えてご案内いたします。
サブ講師:SIG会長、石井隆之・神社仏閣などでは、深堀した興味深いお話があります。

行程
13:30に浅草駅(メトロ銀座線1番出口地上階)集合:観音通りと雷門通りの交差点
神谷バー(日本初のバー)⇒神輿(ショーケース)⇒雷門(浅草ランドマーク)⇒仲見世⇒宝蔵門
⇒五重塔⇒お水舎⇒本堂(観音堂)⇒二天門⇒浅草神社⇒弁天堂⇒影向堂⇒花やしき通り
⇒江戸たいとう伝統工芸館⇒六区⇒まるごとにっぽん⇒スターの手形⇒新仲見世
⇒浅草文化観光センター8階展望テラス(隈研吾郎デザイン)16:00解散

お申込み方法
お申込みは、下記お問合せフォーム

もしくは事務局メールアドレスinfo@interpreterguide.net
または、事務局奥真理子LINE、Facebook メッセンジャー宛にお気軽にお申し込み下さい。

 

講師石井隆之プロフィール


筑波大学大学院修了。近畿大学総合社会学部教授、京都女子大学・滋賀県立大学非常勤講師、通訳ガイ
ド研究会会長、言語文化学会会長、一般社団法人高等教育国際基準協会代表理事。専門分野は理論言語
学、社会言語学、英語教育、商業英語、通訳ガイド技術、日本文化論、仏教学、宗教全般と幅広い。
英語業界の第一人者として、32年間延べ2万人以上に指導。これまでの講演は780本を超え、100冊以
上を執筆、出版し、累計55万部突破。70編を超える学術論文も執筆。
日本文化における深い知識や独特のユニークな考察、感動を取り込んだ分かりやすい講義や研修は、多
くの受講生に定評がある。

街歩き講師山本多賀子プロフィール

 UCLA歴史・映画学士号取得。 卒業後アメリカの映画
会社勤務。帰国後は外資系企業に勤務する傍ら、2015年より
個人事業主、通訳ガイドとして東京を中心に活動。

 

 

このお知らせの著者

このお知らせの著者

通訳ガイド研究会
お知らせ一覧