★西本願寺・東本願寺研修
観光寺院としての位置づけではなく、ある意味で日本の仏教寺院の佇まいをそのまま体験できる、日本最大の仏教宗派の世界最大級の木造建築を鑑賞できる研修です。西本願寺(正式名称:龍谷山本願寺)の飛雲閣(国宝)は修復中で見ることはできませんが、唐門(国宝)は修復中ですが、当日鑑賞できる可能性があります。安穏殿ブックセンターでは仏教関連の本が色々売られています。東本願寺(正式名称:真宗本廟)の御影堂(ごえいどう)は正面76m、側面58m、高さ38m、瓦約17万5千枚、畳927枚、堂内の柱90本という巨大な木造建築です。また、ギャラリーや視聴覚ホールでは親鸞上人の生涯や教えが分かりやすく紹介されています。
●日時:1月14日(月・祝)午前10時~午後4時30分
●集合場所・時間:京都駅前烏丸口バスターミナル横のバス総合案内所前・午前10時
●会費:一般4500円 会員4000円 大学生2000円 高校生以下無料
●プログラム
 10時30分~11時30分 御影堂~阿弥陀堂~経蔵~ブックセンター
 11時45分~12時45分 浄土真宗本願寺派伝道本部内喫茶紫雲にて昼食+プチ講義
 13時ごろ 境内から唐門は行けないので、外から回って鑑賞
 13時30分~15時00分 阿弥陀堂~御影堂~ギャラリー・視聴覚ホール
 15時10分~15時40分 渉成園(しょうせいえん:東本願寺の飛地境内)
 その後、市比賣神社(いちひめじんじゃ:市場の守護神・女性の守り神)を回って
 16時30分京都駅着

お申し込みは
事務局メールアドレス、もしくはお問い合わせフォームにて宜しくお願い致します。

事務局
奥 真理子 / Mariko Oku
Email: info@interpreterguide.net
HP: http://interpreterguide.net

このお知らせの著者

このお知らせの著者

通訳ガイド研究会
お知らせ一覧