SIG東京講演&東京まちあるきwith Taka

11月29日(日)午前の部:「明治時代以降の宗教とその政策、新宗教と現代の宗教事情

zoomと会場のハイブリッド開催です。ご希望の参加形態をお知らせ下さい。

開催日時:令和2年11月29日(日)
受付:9時15分~
講演:9時30分〜11時45分(途中10分休憩)
開催場所:江東区文化センター第一会議室
住所:東京都江東区東陽4丁目11 −3

交通:東京メトロ東西線「東陽町」駅 1番出口より徒歩5分
https://www.kcf.or.jp/koto/access/
※会場+オンラインのハイブリッド開催です!オンライン参加の方には前日にURLをお送りします。

会費: 会場参加・zoom参加共通
正会員¥3,000一般¥4,000学生¥1000
※学生は初回参加無料
※正会員からの紹介参加で双方500円割引特典あり

概要:テーマ「明治時代以降の宗教とその政策、新宗教と現代の宗教事情」 講師:近大教授・石井隆之

明治時代は神仏分離令が出されましたが、これが明治時代の宗教政策のすべてではありません。今回は、明治時代とそれ以降の宗教政策を概観し、明治以前と何が変わったのかを考察します。そして、江戸時代末以降に成立した新宗教についても概説し、現代の宗教事情に関して、いろいろな側面から掘り下げ、日本の宗教の存在意義に迫ります。

7月26日(日)午後の部:東京まちあるき 迎賓館 with Taka

明治時代、欧米に追い付けと日本政府に招かれた時代の名わき役「お雇い外国人」。なかでも英国人建築家ジョサイア・コンドルの貢献は秀逸している。前回の「まちあるき」は第一期門下生の辰野金吾氏の東京駅丸の内を散策し、今回はもう一人の直弟子、片山東熊氏総指揮の下1909年に完成した日本で唯一の宮殿、迎賓館を訪れます。皇室の東宮御所は、戦後、日本が国際社会に復帰して迎賓館として生まれ変わりました。1974年に 最初の国 賓、現 職のアメリカ大統領ジェラルド・フォード 来訪 以来、サッ チャ ー元英首相 、ゴルバチョフ元ソ連大統領、チャールズ英皇太子とダイアナ妃、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓が訪問しました。東京まちあるき、シリーズ第5回目は、西洋の宮殿迎賓館本館、主庭園、及び和がテーマの究極のこだわりの和風別館「游心亭」の歴史と魅力に迫ります。

会費:
正会員正会員¥1,000一般¥2,000学生¥500学生は初回参加無料
別途¥2,000 本館、庭園、和風別館(英語ガイド付き)
正会員からの紹介参加で双方500円割引特典あり
***和風別館、一度の入館が10名のため、まちあるき限定10名になります。 ご興味のある方はお早めにお申込みいただけますと幸いです。

メイン講師:東京支部長、Takaこと山本多賀子 ***
サブ講師:SIG会長、石井隆之

行程
13:10迎賓館 西門入場受付に集合(最寄り駅JR四谷駅、赤坂口から徒歩7分)前庭にて見どころ説明⇒宮殿本館(正面玄関・中央階段朝日の間・彩鸞の間・花鳥の間・羽衣の間)⇒和風別館(英語ガイド15:00~16:20)⇒大噴水⇒四ツ谷駅:17:00解散

お申込み方法
お申込みは、下記お問合せフォーム

もしくは事務局メールアドレスinfo@interpreterguide.net
または、事務局奥真理子LINE、Facebook メッセンジャー宛にお気軽にお申し込み下さい。

講師石井隆之プロフィール


筑波大学大学院修了。河合塾・サイマルアカデミー講師などを経て、現在、近畿大学教授、京都女子大学・滋賀県立大学非常勤講師。一般社団法人高等教育国際基準協会代表理事、日本文化体験交流塾理事。専門分野は言語学、英語教育、通訳ガイド論、日本文化論と幅広い。英語業界の第一人者として、過去40年間延べ3万人以上に指導。これまでの講演は1000本を超え、110冊以上を執筆、出版し、累計60万部突破。85編を超える学術論文も 執筆 。主な著書 として 『前置詞 マスター教本』『 日本の宗教の知識 と英語を身につ ける』『外国人が必ず聞いてくるニッポンの不思議88』などがある。日本文化における深い知識や独特の ユニ ークな考察、感動 を取り込んだ分かり やすい講義や研 修は、多くの受講生に定評がある。板東英二の金曜生BanBan(板東英字新聞)等ラ ジオ出演、ちちんぷいぷいなどのメディア出演など、多方面で英語と日本文化の奥深さを発信している。

街歩き講師山本多賀子プロフィール

 UCLA歴史・映画学士号取得。 卒業後アメリカの映画
会社勤務。帰国後は外資系企業に勤務する傍ら、2015年より
個人事業主、通訳ガイドとして東京を中心に活動。

このお知らせの著者

このお知らせの著者

通訳ガイド研究会
お知らせ一覧