【2月9日(土)SIG通訳ガイド研究会関西講演会のご案内】
2月9日(土)に通訳ガイド研究会「日本宗教史」講演会を開催致します。翌10日(日)には同じ講演会を東京でも開催致します。
講師は近畿大学教授で通訳ガイド研究会会長の石井隆之教授です。
ガイドとして、日本の精神文化を語る上で欠かせない日本宗教史の流れを、石井教授の深い解説で分かりやすく学んで頂けます。
ご参加ご希望の方は、お問い合わせフォームもしくは事務局メールアドレスよりご連絡下さいませ。
皆様のご参加をお待ちしております。

?石井隆之教授講演会「日本宗教史」?

●開催日時:2019年2月9日(土)
11時〜13時

●開催場所
長岡京市中央生涯学習センター
4階学習室2(JR長岡京駅西口より徒歩2分・阪急長岡天神駅より徒歩15分)

アクセス

●会費
正会員2,500円
メール会員・一般3,000円
大学生1,000円 高校生以下無料

●プログラム
講演タイトル「日本宗教史」
10時45分~受付
いつもは余裕を持って3時間会場を押さえるのですが、今回は空きがなく、2時間で取っている都合で、会費受付は1階の総合受付前の椅子辺りで、スタッフが受付を致します。
11時になれば会場に入れるので、お入り下さい。)
11時~13時 石井先生講演会
13時までに会場完全撤収

●講演内容
神社仏閣を案内するための背景知識として、通訳ガイドがしっかりと身につけておくべき「日本宗教史」を概説します。日本的宗教の奥深さを浮き彫りにしながら、分かりやすい、そして、一歩進んだ解説をします。仏教における根本的な教えは何か?歴史上初めて大師号をもらった僧はだれか?どうして南禅寺が五山の上なのか?何故室町時代には仏像彫刻が衰退するのか?七福神はどのようにして成立したか?神道に関する学説にどんなものがあるか?など、ガイド目線の情報も盛り込みます。

●講師石井隆之プロフィール
筑波大学大学院修了。近畿大学総合社会学部教授、京都女子大学・滋賀県立大学非常勤講師、通訳ガイド研究会会長、言語文化学会会長、一般社団法人高等教育国際基準協会代表理事。
専門分野は理論言語学、社会言語学、英語教育、商業英語、通訳ガイド技術、日本文化論、仏教学、宗教全般と幅広い。
英語業界の第一人者として、32年間延べ2万人以上に指導。これまでの講演は780本を超え、100冊以上を執筆、出版し、累計55万部突破。70編を超える学術論文も執筆。
主な著書として
『前置詞マスター教本』『英語の品格』『日本の宗教の知識と英語を身につける』『外国人が必ず聞いてくるニッポンの不思議88』などがある。
神的な仏と呼ばれるほどの人柄の良さ、日本文化における深い知識や独特のユニークな考察、感動を取り込んだ分かりやすい講義や研修は、数多くのファンを虜にして離さない

事務局
奥 真理子 / Mariko Oku
Email: info@interpreterguide.net
HP: http://interpreterguide.net

このお知らせの著者

このお知らせの著者

通訳ガイド研究会
お知らせ一覧